読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Classic Car Finder

海外在庫されている旧車のお探し、並行輸入のお手伝いをいたします。当ブログにて在庫車を少しずつご紹介いたします。また、管理人の日々の戯言、車に関するトピックスを徒然書いていきます。

ロードスターの仲間意識

ロードスター乗りの仲間意識

マツダ・ロードスターは、乗っている人同士の仲間意識の高い、稀有な車だと思う。

筆者は過去に、NBロードスター(NB3 グレードVS, 2003年式)に乗っていた。

 

なぜNBロードスターなのか?

筆者がNBロードスターを購入したのは、2013年。当然ながら既にNBは生産終了しており、新車での購入は難しい。

当時はNCを新車で購入することはできたが、やはりNA・NBとNCは、いろいろな意味で異なる車である、というのが一般的な認識であった。

私としては、よりプリミティブなNAを選択したいと考えたが、NAは当時でも15年落ち以上の個体しか購入することはできず、通勤の足として使うことを考えていたことからも、それなりに新しく、NAの良さを受け継いでいるクルマ、としてNBロードスターを購入した。

 

ロードスターの良さ

購入して、最初に交差点を曲がった時に衝撃を受けた。

”こんなに曲がりやすいクルマがあるなんて。”

自分がコマの棒になったような気分で、身体を中心にクルマが回転するのである。

納車され、早速屋根を開けて走ってみた。

いつも知っている景色が、全く異なる景色に見えてくる。

エンジンはそれなりのパフォーマンスでしかないが、アクセルに対するレスポンス、ギアを変えた時に手首に帰ってくる反応、吸気音、排気音、、、全てがプリミティブで、ダイレクトである。

 

ロードスター乗りの仲間意識

コンビニの駐車場でお茶を飲んでると、違うロードスターから降りてくる人が。

長距離ドライブに行った際、信号待ちで隣のロードスターが。

昔、ロードスターに乗ってたんだよねぇ、という人が。

不思議と、仲間意識を持って接することができる、不思議な乗り物である。

街で、プリウスに乗っている人同士で、こうした仲間意識を持つだろうか?

プリウスは当然台数が多すぎるのだが、例えばマツダ・ビアンテユーザーは仲間意識があるだろうか?

インプレッサユーザーには・・・?

ロードスターを囲む不思議な空気があることに気づかないだろうか。

f:id:classiccarfinder:20170226212501j:plain